はじめに

わんちゃんも年齢と共に足腰が弱くなり、関節に痛みを生じる子も出てきます。この症状は、足の骨と骨を繋ぐ軟骨が徐々にとすり減ることが原因で、その結果、直接骨と骨が擦れ痛みが発生します。これを改善するのが軟骨の合成に関わっている成分が配合されたサプリです。ここでは、この健康食品を比較し、どんな種類があるのか検証していきます。

犬の関節成分サプリの比較

わんちゃんの関節症状に効果的な健康食品は数多く販売されていますが、各メーカーごとにその成分について見てみると、メーカーによっては表示に曖昧なものも多くあります。
日本の大手メーカー5社の商品の成分含有量を比べてみると、1粒中における分量として、緑イ貝抽出成分は多い順に600mg・400mg・175mg、グルコサミン硫酸塩は1000mg・750mg・700mg・500mg・420mg・225mg・175mg、メチルスルホニルメタンは1000mg・500mg・250mg・100mgとなっています。これらは小型・中〜大型犬用によって分量が異なるほか、メーカーによっても量に大きな差があることが分かります。また、これら3つの効果的な成分が入った商品とは別に、コンドロイチン硫酸を主成分としているものもあり、これも体重により525mg・375mg・225mgと違いがあります。
特に、この症状に効果的とされるグルコサミンについては、必要量以上に与えることは下痢や嘔吐などを引き起こす場合があるため、与え過ぎに注意が必要です。

犬の関節成分サプリの種類

犬の関節成分サプリには、主成分・含有量・品質・価格によって様々です。そのため、わんちゃんに合った商品を選ぶ際には、この4つに注目して選ぶことが重要です。
飼い主さんによっては、早く辛い症状を改善させてあげようと摂取目安以上の分量を与えてしまう方もいますが、これはかえって逆効果を生む可能性があります。また、価格ばかりに捉われると品質が落ちてしまうこともあり、体調を崩す可能性もあります。特にアレルギー体質のわんちゃんの場合には注意が必要で、エビやカニなどの甲殻類が配合されたものには、激しく拒否反応を示すこともあるため、原材料名をしっかり確認する必要があります。
商品には軟骨成分をプラスして痛みをケアするものや、柔軟な足の動きをサポートしてくれるものなど様々あるので、わんちゃんの症状にあっていることも大きな選択要素です。

これらの商品を選ぶときには、なるべく天然植物成分が配合されているもので、グルコサミンやコンドロイチンなどの有効成分が豊富に含まれているものを選ぶと良いでしょう。それから、わんちゃんが好んで食べてくれるものであることも重要で、味や形などに工夫されているものであることも選ぶ際の選択肢のひとつでもあります。